« 神奈川良いとこ? | トップページ | 舞い戻ったメインフレーマーたち »

2020年7月19日 (日)

天地創造

1f31b38c24169bcb75aaa4e7a431b39b

http://tora-sun.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-db3a.html

 久しぶりに懐かしいIntermissionのある長い映画を見た。BSプレミアム・シネマで「天地創造」(写真一枚目、米・伊、1966年)である。旧約聖書の創世記、1章の「天地創造」から22章の「イサクの生贄」まで、3時間かけて描く。制作当時はまだCGがない時代で、特撮に苦労したであろう。特に色々な動物が狭いところに押し込められる「ノアの箱舟」が、ジョン・ヒューストン監督自身が出演したシーンのせいか、やけに長いが結構面白い。

 50年以上まえの70億円だから、現在では700億円くらいの製作費をかけ、興行収入も多かったが赤字映画だったとか。聖書ストーリーに慣れない特に日本人には、アブラハム中心の後半はやや退屈か。「バベルの塔」のエピソードが意外にあっさりで、ここはもう少し突っ込めば素人受けしたであろうが、聖書に忠実では仕方あるまい。

20150208105847

http://seibei.hatenablog.com/entry/2015/02/08/172958

 ところで、天地創造の最初の1週間(第2表)のプロセスは、昔の人々の科学的なセンスが判り、今でも興味があるところ。まさに無から神の「光あれ」で光が生まれた1日目はビックバンそのものであり、植物・魚・獣・人間と生物が生まれる順序も案外正確である。また、人間が神の形を模って作られたところなどは憎いではないか。

 なお、天地創造の時期は、1654年英国国教会は、紀元前4004年10月18日ー24日と特定したが、旧約聖書のモーゼ五書に登場する族長たちの寿命を加算して算出したと言う。日本でも、1940年に紀元2600年の祝典があったが、神武天皇の即位は、歴代天皇の寿命から紀元前660年と計算されたらしい。

O0640060014276578815

https://ameblo.jp/tokukeiki/entry-12409018640.html

 ついでに、旧約聖書と新約聖書は何が違うのであろうか? 第3図に示すが、旧約聖書は紀元前10-2世紀ごろに書かれたユダヤ教の正典で、出エジプト記などユダヤ民族の歴史と多数の律法からなる。一方、イエスもユダヤ教徒であったが、ユダヤ教の厳しい戒律を批判し、キリスト教が生まれた経緯がある。新約聖書は1-2世紀に書かれたイエスの教えを説くものだが、キリスト教ではベースとなる旧約聖書をも聖書とする。

 また610年ころ、アラビアのメッカにてムハンマドがイスラム教を始めた。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は共通の神「ヤハウエ」を信じる同根の宗教だが、イスラム教は「コーラン」を正典とする。

 

 

« 神奈川良いとこ? | トップページ | 舞い戻ったメインフレーマーたち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神奈川良いとこ? | トップページ | 舞い戻ったメインフレーマーたち »

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31