« 朝鮮半島の実力 | トップページ | カシミール問題 »

2019年8月 9日 (金)

安全資産「円」

B759f157a

http://blog.livedoor.jp/sky7777777777/archives/52242729.html

 トランプ米大統領が対中国追加関税第4弾を発すると発表してから、世界経済不況到来の予測から、世界の株価は下がり、資産は「安全資産」へ急速に移行しているようだ。一番の安全資産と見なされるのは、昔からなじみの深い「金」で、事実「金」の価格は俄かに急騰し始めたらしい。

 ところが、米ゴールドマン・サックスは、相場ショック時のマネー逃避先は、「金より円が有利」と発表した。そのせいかどうか分かぬが、円は全ての外貨に対して急騰中で、日本の経済特に輸出には大いにマイナスとなる。この「円は安全資産」という神話は、どこから、何故生まれたのであろうか? ちょっと興味をもってネットで調べて見た。

 ともかく、日本人としては、日本の経済状態は、ここ30年近く全く低迷していると感じているであろう。高齢者貧困問題、非正規労働者貧困問題、続く世界最低の金利、企業の世界的地盤沈下、GDPで中国に抜かれ、一人当たりのGDPでも韓国に並ばれかけ、原発事故の後始末にてんてこ舞いと良いところは皆無であって、「円が世界で一番の安全資産」など「ふざけるなよ」と言いたくなる。

 ところがである。調べると世界はもっと大変らしい。イギリスは国自体が存亡の危機であり、シリア・イラン・ホルムズ海峡などキナ臭い地域は多数ある。元気な中国もアメリカとの貿易戦争中だし、ベネズエラに至っては国民全員が国外へ逃げ出しそうな気配だ。そんな中で、日本の政情は比較的安定しているし、財政赤字は異常に大きいが、外国から借金しないで済むのは素晴らしい、金利も下がるところまで下がっているので、これから下がる他の外貨に比して買いの余地があるという事らしい。

 だが、デジタルに「円が安全資産」であることを示す直接的なエビデンスの一つは対外純資産の多さであろうか。上図に示すように日本は300兆円を超え世界一である。27年間も世界一位で、昔は株への投資が多かったが、最近は企業買収が多いとか。ただ、海外資産が多いのは、国内の投資先が少ないので、仕方がなく海外に向かうので喜んでばかりはいられない。27年間も1位と言うことは、この27年間の国内経済不振とも符合する。

 余談だが、この海外純資産でドイツが最近中国を抜き、急速に増やしていて、いずれ日本は抜かれるに違いないと。ドイツ人は相変わらず勤勉だが、EUのなかで外貨を一人稼ぐドイツは、「ユーロにタダ乗り」しているとも揶揄されるそうだ。戦前の日独同盟が何となく思い出されるのはウサギさんの年のせいかな

 

 

« 朝鮮半島の実力 | トップページ | カシミール問題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝鮮半島の実力 | トップページ | カシミール問題 »

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31