« 飛行機はなぜ飛ぶのか分かっていない? | トップページ | グリーンランド »

2019年8月20日 (火)

超音波内視鏡検査

D474af57df8e2f378a5da80c6c747bcaa

https://masterofeus.com/2019/03/10/qandaでまなぶコメディカル、メーカーの方のための/

 港南台の南部病院で「上部消化管・内視鏡検査」をうけた。分かりやすく言えば、超音波内視鏡(EUS)(写真一枚目)を使った膵臓ガンの検査である。膵臓は胃の後ろにあって検査しづらく、普通、外部からの超音波検査やMRIでも判りにくいので、直接、超音波のプローブを体内に入れるらしい。超音波内視鏡は、胃カメラに超音波探触子を合体したもので、1992年から実用されてきたと。

Fe9dc7b3a115eed47ae1a65dfbbeabcca

https://masterofeus.com/2019/03/10/qandaでまなぶコメディカル、メーカーの方のための/

 ウサギさんの場合は、3年ほど前の他のMRI検査でたまたま膵臓の中に、膵のう包(写真2枚目)が見つかり、血液検査(腫瘍マーカー)、MRI検査で定期的に観察してきたがはっきりせず、今回の検査となったもの。膵臓ガンは自覚症状がなく、検査が難しいこともあって、その発見が一番遅れるガンとしても有名で、5年後生存率(写真3枚目)でも分かるように、ガン平均の60%と比して、5-7%と最悪である。

A

教えて健康.com/suizou-gan

 ただ、この検査は胃カメラなどの3倍(30分)の時間がかかり、麻酔や鎮痛剤・鎮静剤を使用するので、終了後に迎えの人が必要になるなど、ちょっと大ごとではある。事前に、検査を受けること自体、鎮痛剤・鎮静剤の使用、院内製剤の利用の3件に関して、署名が求められた。結果オーライを祈るのみ。

  

« 飛行機はなぜ飛ぶのか分かっていない? | トップページ | グリーンランド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛行機はなぜ飛ぶのか分かっていない? | トップページ | グリーンランド »

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31