« けん玉道の師・藤原一生物語 | トップページ | ワープする宇宙 »

2016年12月26日 (月)

赤坂散歩

414ddf366571d07b083af3b63764e04a
 
http://blog.goo.ne.jp/kawawalk/c/21688809734232218cf4e52aa07f7919
 
 今日の街道をゆくは「赤坂散歩」。大阪育ちの司馬は、東京に余り土地勘がないそうで、東京で常宿とするホテル・オークラを起点にして、1988年港区の赤坂地区を歩き回った。ただ、オークラは赤坂と接してはいるが虎ノ門にある。
 
 赤坂は江戸時代には大きな大名の藩邸があったところだが、寂しい場所だったらしい。赤坂が高級料亭で有名になったのは、1936年に国会議事堂が日比谷から千代田区永田町に移ってからとか。余談だが、都立日比谷高校の前身の府立一中も日比谷に元々あって、1929年に永田町へ移転している。
 
 かっては、地下鉄銀座線の虎ノ門駅と赤坂見附駅の間に駅はなかったが、溜池山王駅が1997年できたらしい。この溜池というのは、もともと水不足の江戸で、神田上水や多摩川上水が完成するまでの、いわば遊水池利用の水道源だったが、泥水で悪名高かったとか。
 
 ところで、赤坂に隣接した千代田区紀尾井町は、紀州の徳川家、尾張の徳川家、彦根の井伊家の屋敷があったのでその名がついたが、現在はホテル・ニューオータニが建っている。その風景の一部をなすのが弁慶堀(写真)で、昔はボートのカップルで有名だったが、今は余り流行らない模様。
 
 弁慶橋を渡った右側に清水谷公園があるが、往時の学生運動デモ行進の集合場所で懐かしい。明治6年、皇居が火事で焼け、皇居は仮に近くの赤坂離宮に移ったが、明治11年参内途上の大久保利通は、清水谷公園で刺客に暗殺されたと。この赤坂離宮あたりは、元赤坂と言われ、広大な紀州藩邸の跡地である。現在は赤坂御用地として、東宮御所、秋篠宮邸、三笠宮邸などがある。
 
 赤坂の神社仏閣では、徳川吉宗建立の氷川神社、大岡越前守の屋敷神だった豊川稲荷、徳川家康の懐刀、僧天海が寛永寺の対として立案し、徳川家綱が建てた日枝神社(ただし、永田町にある)が有名である。また、赤坂関連の政治家や軍人などゆかりの地で司馬が訪ねたのは、勝海舟邸、高橋是清邸、乃木希典邸など。乃木坂は地名に個人名がつく日本では珍しい例とか。
 
 

« けん玉道の師・藤原一生物語 | トップページ | ワープする宇宙 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂散歩:

« けん玉道の師・藤原一生物語 | トップページ | ワープする宇宙 »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30