« カズオ・イシグロ | トップページ | 昭和史 »

2015年3月11日 (水)

シェフ

201502260000000view

 桜木町のブルグ13で、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」を見た。例の英語通信教育の指定だが、今回はソニー・ピクチャーズの割合メジャーなコミック作品。ウイークデーの午後だが観客数は意外に多い。

 高級レストランの総料理長を務めるカール(写真中央、ジョン・ファヴロー)は、カルフォルニアの地元では一、二を争う人気シェフだが、最近マンネリ気味で料理への情熱を感じられずにいる。一方、離婚した元妻イネズ(写真右、ソフィア・ベルガラ)からは、独立して移動式屋台を始めることを勧められているが、カールは一流店のシェフへのこだわりがある。

 ある晩、有名な料理評論家が来店し、オーナー(ダスティン・ホフマン)の指示に従って出した店の看板料理が酷評され、カールのキャリアに泥が塗られる。独創的なメニューを認めず、長年の定番料理に固執するオーナーと衝突するカール。突然、人生の岐路に立たされたカールの決断はーーー。人生の転機に仕事への情熱と、家族の絆を再生させていく様子が、素晴らしい料理の数々と、ラテン・ミュージックのリズムと共に描かれる。

 ところで、この映画をコミックにしている仕掛けの一つはツイッターである。カールはツイッターの仕組みを知らず、10歳のスマフォ・オタクの息子パーシー(写真左、エム・ジェイ・アンソニー)に教わって使ってみるが、多数の人に同報されることに気が付かず、評論家を罵倒したメールがネットを炎上させてしまう。また、このパーシーの携帯メール術は凄い。カールと話している最中に、イネスの了解をもうメールで取り付けてしまうのだ。さらに、フロリダで屋台を手に入れ、カルフォルニアへ親子で商売をしながら廻送するが、パーシーのツイッター宣伝のお蔭で各地で多数の客が屋台に集まる。

 写真の出処は、

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%95%E3%80%80%E4%B8%89%E3%83%84%E6%98%9F%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/350453/story/

 

« カズオ・イシグロ | トップページ | 昭和史 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シェフ:

« カズオ・イシグロ | トップページ | 昭和史 »

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30